早春から

 

 ありす展、無事に終了いたししました。

 ご来場くださったみなさま、ありがとうございます。

 

「すみれの魔法づけ」は一旦アトリエにもどって、少し手をいれてからもう一度アートラッシュさんのお店に並ぶ予定です。

 タイミングなど、決まりましたらまたお知らせします。

 

 北陸は三寒四温をかさねつつ、ようやく春らしくなってきました。

 雪によるお庭のダメージに頭を悩ませつつ、冬越えした植物の点呼をとっています。

 

 次の展示予定は未定のままなのですが、作ってみたいものがあるのでひとまずはその下ごしらえと、

 あとはお預かりしているお人形のメンテナンスを進めたいです。

 

 みなさまも素敵な春を。

| 13:13 | 雑記 |
八月の虫

お久しぶりです。

前回の記事から一年が経つことに気づき、近況がてらブログを書くことにしました。

twitterの削ぎ落とされた140字の世界も良いけれど、たまには文章というものを書こうと思うのです。

 

今年はというと初めて軽井沢に行きました。

北陸民にとって軽井沢は、関東の人のための観光地、伊豆・熱海・箱根と似たような位置づけだったのですが、北陸新幹線のおかげで乗り換えなしでススッと行けるようになったのです。

軽井沢の他に、直島〜豊島〜小豆島のぶらりアートの旅や北の果ての知床五湖という案も出ていたのですが、そちらはまた時機がきたら旅をしようと思います。豊島美術館に行きたい…。

 

そして訪れた軽井沢はというと、夏じゃなくても蝉が鳴いていることにまず驚き。

あとは大木と土が多いので空気がひんやりしている。木のない旧軽銀座は平地並みに暑かったです。

湿度がないから木陰は涼しい!

360度どこを見ても緑が繁茂していることに感激しました。

色々見てまわりましたが個人的にすごく良かったのは千住博美術館です。

千住さんの作品も文句なしに良かったけど、建物や植物や光などの全体がひとつのインスタレーションのようで清々しい心持ちになりました。

カラーリーフガーデンも隅から隅まで美しかったです。軽井沢でたくさん庭を見ましたが、個人的にここが一番良かった。

私が訪れた時は春夏展が開催されていたので、出来ることなら秋冬展も観たい。

 

他に行きたい美術館といえば足立美術館とか町田市立国際版画美術館とか…

行こう!という情熱とともに書き残しておこうと思います。

 

 

ついでに人形の話題も。

皆さまに作品を観ていただく機会がなかった2017上半期でしたが、後半に向けて少しずつ準備中です。

 

数年来くちにするだけだったポストカードも刷ろうと思い、改めてどこの印刷会社にしようかなーと見本紙を取り寄せてみているのですが、色んな紙や加工があって見ているだけでわくわくします。

次回展示のご案内は、この夏の勢いがおさまってきた頃にでも。

 

一年に一度、こんなうだる猛暑日くらいは人形と関係ない話題で埋め尽くしても許されるかもしれない、と思いだらだらと書き連ねました。

次回はもう少し間をおかずに、元どおりの記事を書きたいものです。

それではまた。

 

| 15:53 | 雑記 |
さわしかつのおつる

2015年も終止符が見えてきました。
自分に適した制作ペースというものを模索しつづけていて、その試みで今年は作品発表する機会を秋に纏めてみました。
来年はもう少し出展回数が増えて、その時期もばらつきそうです。
冬から春はアトリエにこもって、新作の下ごしらえと、お預かり中のお人形のメンテナンスをする予定です。


画像は6sサイズの壁紙がほしいと言われてトリミングしたもの。
今年のふたりはどちらも清々しい空気感のひとたちに仕上がって、作者の自分も見ていてなんだか気持ち良かったです。
来年もすてきなひとを作れたらいいな。

それでは皆さま良いお年を。
 
| 01:31 | 雑記 |
そらさむくふゆとなる


 きのう今日と、人形の撮影をしてきました。
 冬の入り口にあってなかなか天候には恵まれませんが、湿度感がある写真になったと思うことにします。
 
 ついでにRetinaディスプレイでもぼやけなくしたくて色々試してみています。
| 17:29 | 雑記 |
さいはてのエデン
 パラボリカ・ビスにて開催しておりました人形展「Eden」は、11月30日に閉幕いたしました。
 たくさんの方にご来場いただき、有難い気持ちでいっぱいです。

 素敵な他作家さんの作品をじかに拝見して、同じ空間に並べさせてもらえるのはいつもとても勉強になります。
 いつかまたEの展示会があるかもしれませんし、その輪に自分も加えてもらえるかもしれません。
 その機会まで、こつこつと作ろうと思います。



 展示していた「真夜中をノックする」。
 小林絵美さんが撮ってくださいました。会場のライトで目がきらきらしている。

 同じく展示していた青林檎は、来年以降も発表していこうと考えています。まだまだ描きたいモチーフが残っているのです。
 来年の展示予定もあるにはあるのですが、今はなんだか全く関係なさそうなものをのんびり作っています。
 完成するといいなあ。その暁にはまたこちらでお披露目できたらいいな。

 まだまだ水面下ですが、サイトもちょっとずつ改装しはじめました。
 快適に閲覧してもらえるようにがんばります。
| 01:20 | 雑記 |
夜ひかるもの
 設営と在廊をおえて、東京から金沢へ戻ってきました。
 今回は寫眞文庫のデザインでお世話になった小林恵美さんも参加しているので、展示空間は初日後もさらに素敵さが増しているそうです。いいなあ見たかったなあ。

 平日はじまりでしたがご来場くださった方、オープニングパーティーにご参加くださった方、どうもありがとうございました。
 会期は30日までまだまだ続きますので、ぜひ足をお運びくださいませ。
 このあとも土谷さんの新作や、自分を含め他作家さんも林檎の追加があります。新しい情報は随時Twitterでお知らせします。



 新作はキャプションのタイトルには間に合いませんでしたが「真夜中にノックする」という題です。70センチ。
 アイの濃い水色のなかに金色の星が煌めいているところからイメージが始まっています。
 25時から27時あたりの、人の気配のうしなわれた静やかな時間に、唐突に自分の心をノックするもの。
 真っ暗でおどろおどろしい闇より、帳のなかできらきらとしている優しいものが、私にとっての夜です。



 ワンピースは植物模様の織りが入っています。脚をのばすとけっこう丈が短い。
 色味はいつもの薄紫・淡青コンビは抑えて、暖色の金色と薄緑色、目許に濃いめのモーブとターコイズブルーを差しました。アイメイクはいつもより目尻をさげた優しめのお化粧です。眉は髪と同じ色。
 2004年以来の胡粉仕上げ。会場には他にも胡粉のお人形たちがいるのですが、テクスチャがそれぞれ違っていて興味深かったです。

 また作品写真を含めてきちんとご紹介します。
 この作品はEden展で展示終了となりますので、ぜひ会場でじかに観てくださると嬉しいです。
 
| 03:04 | 雑記 |
2015年の展示予定のお知らせ(8/19時点)

 2015年前半は展示予定をいれず、製図をかいたり頭部をいじったり山に分け入ったりしていました。
 山というのは或る境をこえると人っ子ひとりいない、良い場所です。
 動植物と虫たちの世界で、己が異物となって侵入しているわけですけれども、呼吸をうまく揃えていくととけ込む一瞬があります。それはきっと忘我の時なのだと思います。
 そんなことをくり返していたら、空気が秋のそれになってきました。
 ひととおり身体のなかみが入れ替わったように思うので、制作を再開しています。


 以下、2015年の展示スケジュールです。詳細は随時追加していきます。

9/23〜29 「人・形」展 (丸善 丸の内本店4Fギャラリー)主催:ドルスバラードさま

10/15〜20 「夢のかたち〜粧順人形教室展〜」併催「ドヲル・コレクション kanazawa」(石川県政記念しいのき迎賓館 ギャラリーA・B)
 雨沢はドヲル・コレクションに出品します。

11月 東京にて。


 9月の「人・形」展では、80cmほどの少女を発表する予定です。11月は人形と、小品の予定です。
 あなたの人形はつよすぎるからもっと柔らかくやさしくした方がいい、と言われたので、やさしくなるための旅にでかけてきます。
| 15:37 | 雑記 |
春のころ
北陸にも桜の季節がやってきました。
ストーブめあてに猫がアトリエにやってくる回数もへりつつあります。

昨年パソコンを新しくしまして、それに伴いサイトも色々と変更することにしました。
そのためしばらくはブログのみの更新になりそうです。
いついつまでに完了…と言えないところが悲しい…。

新しいパソコンでみたら画像がボヤッとしてるな?と結構気になったので、それについても改善してゆきたいです。

人形制作は製図書き中です。製図段階は夢がひろがって、あれもしたいこれも入れたいと収拾がつかなくなってしまうので、うまいこと取捨選択してまとめたい気持ち。




そして今月は人形寫眞文庫の第5集がでる月!
5集めは槙宮サイさんです。
文庫は毎回表紙の色が作家さんの作品に基づいたカラーなので(自分の時はうすーい水色でした)、書影がでるまで何色かなあと想像して楽しみにしていました。濃いめの紫かな?とひっそり想像していましたが、とても上品な色に。
手にとる日が楽しみです。

第5集の発売に際して、出版記念展も開催されるそうです。
槙宮サイさんの新作「最果ての庭」が展示・販売されます。4/17〜5/11、パラボリカ・ビスにて。
詳細はこちらの槙宮サイさんのサイトからどうぞ。
 
| 13:32 | 雑記 |
アトリエame. について
自分の主宰している人形教室について、ブログにもまとめておこうと思います。

サイト内の説明と特に違いはありません。
情報は随時更新します。


雨沢聖 創作人形教室「アトリエame.」

場所は石川県金沢市の金沢駅付近です。
月2回、曜日は応相談
10:30〜17:00 お昼休憩あり
月謝 ?11,000(設備費含む)入会金 ?10,000
教室の見学も可能です。


先輩がたが「教えることはとても勉強になる」と仰っていましたが、教室は予想以上に面白く、新しい発見がいっぱいの日々です。
それと同じくらい、あるいはそれ以上のものを還元できるように精進したい心です。
金沢で人形展ないんですか?とよく質問をいただくので、それもいつか何かしたい…、と大きな課題ですがこちらも…。
人形制作と同じように、一からこつこつとやっていきたいです。
| 00:51 | 雑記 |
小糠雨.

 創作人形展「春」、終了いたしました。
 ご来場くださった方、お話させていただいた方、みなさまどうもありがとうございました。

 今回は寫眞文庫の恒例の告知カードも同時に配布をはじめまして、たくさんの方に貰っていただけてとても嬉しかったです。
 カードは平安工房さんのサイトから入手できますのでぜひ!
 裏面もすごく繊細な仕上がりです。
 おそらく本も、このカードのような静かな雰囲気の仕上がりになると思われます。
 発売のあかつきには、ぜひお手にとってご覧いただけると幸いです。

 そしてもうひとつお知らせ。
 金沢にて人形教室を開講することにしました。
 教えるのはとても責任のある難しいことだと二の足を踏んでいたのですが、
 手ほどきすることから自分がもっと学んで、そこからたくさんお返しできたらいいな、と考えています。
 詳細はこちらのバナーからどうぞ。
 曜日はまだ仮のものなので、もし他に希望があればご相談ください。そえる可能性があります。
 

 次回のブログ記事は、初期作品の紹介です!
 
| 01:40 | 雑記 |