うたかたの林檎

 林檎(no.6) 『うたかたの林檎』 60×60×75mm



 こちらの林檎はうたかた(泡沫)。
 月とへたは回転するので、お好きな向きに変えられます。



 月は銀色を帯びていて、どこかぼんやりとしています。
 中の玉も、煌いたり鈍色だったり。



 色味をうまく撮影できなかったのですが薄い紫色です。実物はもっと白いような、しかし夜になると少し濃くなる不思議。
 この林檎は傾き面に差し色がありません。足許がおぼつかない、五里霧中で具体物が見えないイメージ。
(傾き自体は、問題なく安定します)



 no.6はAbel KorzeniowskiのDrowningという曲をモチーフに。
 水底から月を眺めるとこういう情景かしら、と想像します。

「わだつみの林檎」と「うたかたの林檎」は6/1からのアートラッシュ企画展「心の窓〜音色展〜」にて展示いたします。
 どうぞご覧くださいませ。

| 15:31 | 人形・小品 |
わだつみの林檎

 林檎(no.5) 『わだつみの林檎』 60×60×75mm



 no.3と4につづき傾けることができます。
 三日月は嵌め込み式なので、上弦にも下弦にもお好きな向きに。 



 三日月をはずすと鎖がのびて、終わりの頃にひとつぶ。

 林檎の内側にも数粒。月明かりの波打ち際が描かれています。 



 月の裏側。三日月と同様に、へたも回転して向きを変えられます。

 no.5は重心の関係で、硬い面でないと傾いていられない模様です。すみません…。安定するように直しました。
 まっすぐに置くと、差し色が綺麗な影をつくります。
 


 林檎アップ。
 前作までの林檎は空を描いてきたのですが、今回は海です。海の底から月を眺めるイメージ。
 Abel KorzeniowskiのSwimmingという曲を着想としています。個人的には希望にみちた曲。

 下のほうや三日月の裏側、林檎の内部など、他にも色々たくさん楽しみを詰めこんだので、ぜひ展示会場でご覧くださると幸いです。

 こちらの林檎は6/1〜13のアートラッシュさんの企画展「心の窓〜音色展〜」に出品します。
 もう一つ、no.6も目下制作中なので、完成したら写真を載せたい。です。
| 20:07 | 人形・小品 |
2016年の展示会予定(5/21)
○2016年 展示会スケジュール○ 5/21更新

・6/1(火)〜13(月) アートラッシュ企画展「心の窓〜音色展〜」




昨年から作っている林檎シリーズを出品します。
作るたびにサイズが増して、今回は6センチほど?です。
DM発送中です。

・8/6(土)〜27(日) 古書ドリス「雨沢聖人形展 ナテュール nature」




こちらのDMは、6/1からの「心の窓〜音色展〜」から配布します。
ほかに会場の古書ドリスさんでも(こちらは6/2〜26に「L'ondée」展が開催されます)。
DMに使用した人形と、小品と衣装などを展示する予定です。

・9/28(水)〜10/4(火) 「人・形」展

・10月 京都にて



| 21:21 | 展示会情報 |
さわしかつのおつる

2015年も終止符が見えてきました。
自分に適した制作ペースというものを模索しつづけていて、その試みで今年は作品発表する機会を秋に纏めてみました。
来年はもう少し出展回数が増えて、その時期もばらつきそうです。
冬から春はアトリエにこもって、新作の下ごしらえと、お預かり中のお人形のメンテナンスをする予定です。


画像は6sサイズの壁紙がほしいと言われてトリミングしたもの。
今年のふたりはどちらも清々しい空気感のひとたちに仕上がって、作者の自分も見ていてなんだか気持ち良かったです。
来年もすてきなひとを作れたらいいな。

それでは皆さま良いお年を。
 
| 01:31 | 雑記 |
そらさむくふゆとなる


 きのう今日と、人形の撮影をしてきました。
 冬の入り口にあってなかなか天候には恵まれませんが、湿度感がある写真になったと思うことにします。
 
 ついでにRetinaディスプレイでもぼやけなくしたくて色々試してみています。
| 17:29 | 雑記 |
さいはてのエデン
 パラボリカ・ビスにて開催しておりました人形展「Eden」は、11月30日に閉幕いたしました。
 たくさんの方にご来場いただき、有難い気持ちでいっぱいです。

 素敵な他作家さんの作品をじかに拝見して、同じ空間に並べさせてもらえるのはいつもとても勉強になります。
 いつかまたEの展示会があるかもしれませんし、その輪に自分も加えてもらえるかもしれません。
 その機会まで、こつこつと作ろうと思います。



 展示していた「真夜中をノックする」。
 小林絵美さんが撮ってくださいました。会場のライトで目がきらきらしている。

 同じく展示していた青林檎は、来年以降も発表していこうと考えています。まだまだ描きたいモチーフが残っているのです。
 来年の展示予定もあるにはあるのですが、今はなんだか全く関係なさそうなものをのんびり作っています。
 完成するといいなあ。その暁にはまたこちらでお披露目できたらいいな。

 まだまだ水面下ですが、サイトもちょっとずつ改装しはじめました。
 快適に閲覧してもらえるようにがんばります。
| 01:20 | 雑記 |
林檎

 ちいさな林檎がようやく完成しましたのでお披露目です。初日に1人だけ間に合わず申し訳ないです…。
 11月15日(日)のお昼すぎから、会場の林檎売り場に加わります。


「日いづる林檎」


あさひの昇る海、それを迎える渡り鳥と星、陰に月。遠くの灯台。西のそら。



印象派の絵画のような色合いをイメージしました。茫洋とした朝の世界を林檎に収めてみる。
とおくの遠雷は他人事のように穏やか。




「月たゆたう林檎」


水にうかぶ二日月、宣託の星、夜空、雪の降る場所、水底の人形。



こちらはもう少しロマンチックな雰囲気に。こういう絵本があったらいいな、という気持ち。
雪の夜はほの明るく。



どちらも傾いたまま立つように、底面を削いであります。傾けると水平が定まります。
まっすぐにすると、底の色が影に仄かにうつりこみます。


こちらの林檎は即日お持ち帰りできます。
一部の林檎はお客様のご厚意で会期いっぱい展示されているものもあり、その場合は透明なケースに入って展示されています。
ご購入のさい、飾っておいてもいいよという方がいらっしゃいましたら、スタッフにお申しつけくださいませ。

人形展Edenもじき会期半ばを迎えます。
最終日は30日です、ぜひお越しくださいませ。

人形展Eden
http://www.yaso-peyotl.com
| 19:55 | 展示会情報 |